アラサーOLの備忘録

復職したアラサーOLの日常

豪雨による熊本・人吉の災害に心を痛めている

去年の秋、JALの「どこかでマイル」で熊本に行った。本当は空港からアクセスの良い黒川温泉に行こうかと思ったのだが、好みの宿が満員で結局、人吉温泉を選んだ。

この旅がとてもよかった。趣のある宿、泉質の良い温泉、優しい人々。朝早く起きて球磨川に行ったり、夕食で食べた鮎が異様に美味しかったり、球磨焼酎を飲んで酔っぱらったりしたことが、昨日のことのように思い出される。


 ところが、である。豪雨で球磨川は氾濫し、人吉市などは壊滅的な被害を受けた。わたしが泊まった宿の女将さんも、屋根に登って助かったらしい。

 

これから温泉宿や街はどうなってしまうのだろう。やれることをやりたいと思い、ふるさと納税で1万円寄付した。

新型コロナでボランティアが集まらないとの報道を聞く。司馬遼太郎がかつて「日本でもっとも豊かな隠れ里」と称した人吉。また絶対に行きたいと思っているのである。

 

家でできるヨガ

お題「#おうち時間

 

行きつけのヨガ教室が休業中なので、家でYouTubeを見ながらヨガをしています。ヨガマット買っておいてよかったー!久しぶりに出番だね、という感じ。

 

おすすめの動画です。


寝たままできる骨盤矯正ヨガ☆ 初心者にもおすすめ #82

 

オンラインでも授業をやっているみたいだけど、設定が色々面倒だし、部屋が狭いので今のところYouTubeだけ。10分でもゆっくり体を動かすと、心身のバランスが取れてくるような気がする。家ヨガはゆるーく続けたいです。

 

春の体調あれこれ

春ですね。

f:id:ventodelsud:20200403172818j:image

前回の記事「新型コロナウイルスの影響が少しでも減りますように」と願ったのも虚しく、影響はさらに拡大しています。東京で会社員として働く自分の生活もガラッと変わり、毎日在宅勤務です。

 

思えば3月の下旬は自分の仕事がひと段落し、小売店でレジを打つ人や電車を動かす人たちに感謝する余裕もあった。レストランが惣菜屋となり、Instagramで「♯○○テイクアウト」*1というハッシュタグが増えてきたのもこの頃だ。自分も近くの飲食店で「ブリ丼」と「トマトとパクチーのサラダ」を買ったこともある。

 

4月第一週に入ると、だんだんと雲行きが怪しくなる。家にはローテーブルしかないので、腰痛予防のために机と椅子を買わなくてはいけない。実際に座りたいのに、近所のニトリ無印良品は休業中。インターネットで目星をつけても、当然のように入荷待ちという文字が並ぶ。

 

仕方なく、会社が契約しているサテライトオフィスを利用する。一人ぼっちである。大好きな先輩もちょっとうざい上司もいない。そもそも、アポイントメントがだんだんと入らなくなった。ただ作業するためだけに作られた小部屋で、端末に向かって原稿を書く。

 

上旬にアルコール関連の仕事があったのも大きかった。飲むこと自体は楽しかったのだが、昼間に飲んだせいか昼夜逆転睡眠導入剤も切らしていたため、夜になっても眠れない日々が続いた。そのせいで平日2日も休んでしまった。自分が悪いのはわかっているのだが、辛かった。

 

徐々に普段の感覚に戻ってきたのは、ここ数日のことだ。信頼している先輩とのやりとりで仕事の進捗や体調について、忌憚なく言い合えた。責められることもなかった。精神科の受診で睡眠導入剤もしっかりもらい、服用している。先生は「減らしても良いですよ」というが、このご時世何があるか分からないので、いつもの量の薬をもらっておく。

 

いつも行っているヨガ教室は休業しているので、講師が作ったヨガの動画をYouTubeで見ながら、30分くらい体を伸ばしている。ずいぶん離れていたので、ポーズをしながら呼吸をするのはなかなか大変だったが、やった後は確実に気持ちがいい。自律神経が不安定だなと悩んでいたが、ヨガをやる前とやる後で全然違うので、これからも続けていきたい。スタジオが再開するのが一番なんだけど。

 

自分のペースを掴んで、やれることをやっていきます。

f:id:ventodelsud:20200404223052j:image

f:id:ventodelsud:20200404223101j:image

 

 

 

*1:○○は地名

ホテル椿山荘東京

母の誕生日祝いにホテル椿山荘に泊まりました。「エステ付きプランがある都内のホテルでゆっくりしたい」との母の希望で色々と探してみたのですが、しっくり来るところがなく。結局「スパが良さそう」という自分の好みで椿山荘にしました。

 

宿泊とエステ、食事とバラバラに予約したのですが、予約の時からとても丁寧に対応してもらったのが印象的。堅苦しすぎず、馴れ馴れしくもない。すごく難しいことだと思うのですが、どの予約担当の人も徹底されていて、すごいなと。

 

スパの予約の時間まではお庭をぶらぶら。七福神が佇んでいたり、みかん?や椿の花を見たりして、母が嬉しそうだったので良かったです。f:id:ventodelsud:20200302163132j:image
f:id:ventodelsud:20200302163122j:image

 

部屋もお庭が見られるし、食事もおいしかったんだけど、一番印象に残ったのは、やっぱり「悠 YU,THE SPA」かな。服薬している睡眠導入剤が合わず不眠気味のまま受けたのですが、いつの間にか寝ていた。母曰く、寝息を立てていたらしい。ちょうど良い強さで受けたボディトリートメントは久しぶりで、みんなが評価する理由がちゃんとあるんだなと実感。施術の価格も決して安くはないけれど、リピートしたくなるスパでした。

 

f:id:ventodelsud:20200302163109j:image

全体的に大満足の宿泊だったんだけど、母への誕生日プレゼントがこんな「コト消費」で良いのかという疑問があり、もやもやしていたので会社の先輩に聞いたところ「すごく良いと思う。親が80歳になったら、一緒にやりたくてもできないよ。今だから良いんだよ」と励ましてもらった。確かに。

 

親はまだ還暦前。もう少しわたしと一緒に遊びましょうね。

 

「スキャンダル」

映画「スキャンダル」を観ました。

 

主演シャーリーズ・セロン、共演ニコール・キッドマンマーゴット・ロビー。この顔ぶれだけで映画何本作れるんだろうという豪華さですが、観ればきっとこの3人が1本の映画に集った理由が分かるでしょう。

 

実話に基づき、米テレビ業界でのセクハラ告発が描かれているのですが、この映画を観て肝を冷やした日本のメディア関係者も多いことでしょう。それくらいマスコミのセクハラ対策って遅れているし、女性も被害者だけでなく、間接的な加害者、フレネミー、親友、ただの同僚など1つにまとまらないのが弱みというか。まあまとまらないように加害者が手を回しているんですけどね。さすがに監視カメラは付けていない企業が多いと思うけど。

 

働く女性はもちろん、いろんな人に観てもらいたい映画。そして感想を聞きたい。これが現実からかけ離れていると思うなら、その人は幸せな人か、何も考えていない人です。