ventodelsudのブログ

休職中アラサーOLの備忘録

裁判傍聴に行ってみた3

 被告人が入廷した。両手は縄で後ろ手に縛られ、手錠がかけられている。お縄にかかるという言葉はあるが、裁判所でその存在を実感することになるとは。手錠もテレビではモザイクがかけられることが多いので、この目で初めて見た。銀色で冷たく、しっかりと重みのありそうな手錠が生々しい。

 

 想像通り、入廷してきたのは埼玉県で少女を誘拐し、自宅で監禁した罪に問われている寺内樺風被告だった。黒無地のスーツで髪は短く切りそろえられ、中肉中背。背はそれほど高くはない。肌は白く、逮捕された時の写真とは印象がだいぶ異なる。以前は清潔感がなく、得体の知れない気持ち悪さを感じたが、自分の5m先にいた寺内被告は丸の内にいる20代の会社員と見た目は変わらないように見えた。以前の裁判では不規則発言で退廷させられたこともあったが、今日はそんなことを始める様子はない。(顔写真、事件の概要は以下の記事参照)

www.asahi.com

 

 東京高裁での第2回控訴審検察側の証人として社会心理学者の西田公昭氏が出廷。検察官が「専門家の立場から」と話していたので学者か医者だとは理解していたが、まさかオウム真理教関連の裁判でもよく名前を拝見する先生だとは。ちょっと感動した。

 

 心理学の専門家で多くの裁判に召喚されているとはいえ、少しでも西田氏をリラックスさせようと検察官がやけに微笑みながら質問をしていたのが印象的だった。ニコニコとしていて、場所さえ違えば接客業のようだ。しかし、その目的が裁判官にもわかるような言葉を専門家から引き出させることなので「あえて笑顔をつくるのも作戦のうちなんだな」と感心してしまう。西田氏は明るく、慣れているのかそんなに緊張していない様子だった。

 

 検察官「さいたま地裁の判決に違和感を感じる部分はありますか(ニコッ」

 西田氏「あります。『逃げられるという環境が認知できるときがあった』とありますが、自由意志で逃げられるかといえば実際は違う。心理コントロールが効いている状態です」

 西田氏によれば、心理コントロール(操作)が効いている状態というのはこの事件の場合①情報を断つ②円満な対人関係を断つ③メッセージを植え付けることを指す。③については誘拐後「親は君を捨てた。臓器売買の危険から、自分が保護してやる」と虚偽の説明をしたことをいう。少女は音声合成ソフトで作られた音声で臓器売買について繰り返し聞かされた。「不気味なものだった、と聞いています」(西田氏)。そして「私は捨てられた」と何度も書かされた。

 

 こうして両親に対する信頼感を徐々に減らしていった。すると「この人(寺内被告)に頼らなければいけない」という心の揺らぎが生じてくる。この事件では少女が発見される前に外に出ていたことがあって、そのとき「助けて!」ではなく「ちょっとすみません」と近くにいた人に声をかけていたことがあった。これがさいたま地裁の判決の「逃げられるという環境が認知できる」という部分に当たるのだろうが、これは情報を遮断された人間が自分の置かれた状況を確認したい=すみませんと声をかけることは自然なことだと西田氏は指摘する。彼女は勇気を振り絞って通行人に声をかけた、決して自由な環境があって出た「ちょっとすみません」ではなかったと。

 

 不幸なことに通行人で彼女の声に耳を傾ける人はいなかった。それは平日の昼間に部屋着の中学生が公園にいるという異様さが要因かも知れない。だが、その環境も被告がつくりだしたもので、それが彼女の行動に反映された。監禁が2年の長期にも及んだ最大の原因は被告人の心理操作により、彼女が「帰る場所がない」と思わされたことだと西田氏は説明した。(続く)

 

f:id:ventodelsud:20181111231212j:image

 メモを書いてみた。傍聴人の中でメモを取る人は半分くらい。 

 

 

 

 

裁判傍聴に行ってみた2

 霞ヶ関に行くのは久しぶりだった。仕事で仕方なく訪れていた街だが、ぶらぶら歩いて面白い場所では決してない。それでも地下鉄の駅から地上に向かえば落ち葉が舞い、それなりに秋の形になっている。裁判所の前で声を張り上げている人たちも、ダンボールに書かれた力強いメッセージも、いつもの光景だ。テレビカメラも何台かあり、やはりあの事件の裁判があるのだと確信を深めて裁判所の敷地に入る。

 

 さて傍聴券が配られる3番交付所なる場所はどこだろう、と辺りを見回すと職員が「刑事部の傍聴券抽選はこちらです」と教えてくれた。官公庁の職員にしてはずいぶん親切だ。ありがたく抽選券をもらって列に並ぶ。

f:id:ventodelsud:20181109162306j:image

 14時到着で整理券番号は30番。並んでいる人は大学生が多く、会社員や主婦らしき人もいる。事件の内容にもよるだろうが、想像以上に女性が多い。裁判ウォッチャーの芸人、阿曽山大噴火さんや著名ブロガーも並んでいた。いつから写真が撮れなくなるのか不安だったので、とりあえず整理券だけ撮影した。

 

 「傍聴席43席、整理券は66枚ですので抽選になります」という職員のかけ声の後に当選番号が貼り出される。全く食事をとらないまま家を出てきたので、外れたら近くの回転寿司屋でも行こうかと食べログを検索しつつ掲示板を見たら、30番があった。当選だ。寿司は遠のいたが、当初の目的は達成できそうだ。

 

 空港よりもゆるくて優しい手荷物検査を受けて、館内に入る。どうしても何か飲みたくなって、自販機を探したら90円のお茶があったので購入。お茶を飲みつつ、阿曽山さんを発見する。ラジオでしか声を聞いたことがないけれど、本当に存在するんだな。

 

 開廷時間が近づいてきたので、エレベーターで8階に向かった。リノベーションに毛が生えた程度の補修工事はなされているが、建物も設備も古さが隠せていない。裁判所に割り当てられる予算の少なさを思う。

 

 部屋の前ではまたゆるい手荷物検査。荷物の番号札を受け取った後は金属探知機での身体検査がある。「鳴ったらごめんなさい」と係員に言われたが、たしかに刃物など持っていなくても鳴った。でもすぐに通してくれたから、それほど重要視されていないのだろう。

 

 部屋の前に並ばされた後、順番に部屋に入る。1番前が最も人気があるわけではないらしく、真ん中から後ろに座る人が多い。それなら1番前に座ってやろうかと思ったが関係者席だったので、その後ろの2列目に座った。入口のすぐ近くだ。隣は80歳くらいのおじいちゃん。警備員もすぐ近くにいて、緊張感が増してくる。(続く)

裁判傍聴に行ってみた1

 行きつけのヨガ教室には筋力トレーニングに重きを置いた「パワーヨガ」や中級者向けの「アシュタンガヨガ」のクラスがある。ほぼ毎日通っているとはいえ、10月からヨガを始めた初心者にはとても太刀打ちできないので、そういうクラスの日はたちまち暇になる。休職当初は時間があっても思い悩んでいることが多かったのに、暇を感じられるなんて大きな進歩だが、読書や映画鑑賞にも飽きていた。

 

 「何か体を動かせて、お金がかからなくて(重要)、面白いことはないか」。そんなときに思いついたのが裁判傍聴だった。オウム真理教幹部の死刑執行から事件関連の本を読み、他の凶悪事件や未解決事件のドキュメンタリーを見たこともあって、裁判なるものに関心が高まっていた。

 

 「初めての人は地方裁判所がおすすめ」ととあるブログに書いてあったので東京地裁に行こうかとホームページをのぞいていたら「傍聴券交付情報」という文字を見つけた。傍聴券といえば凶悪事件や有名人の覚せい剤使用の裁判を傍聴したいマスコミがアルバイトやホームレスを大量に雇って並ばせるあれである。世間の関心がある事件だという証明だし、当たったら面白そうだなと思って一覧を見てみたが、どうも引っかかる事件名がない。

 

 普通に地裁に行って裁判一覧から選ぶのが良いかと思っていたが、せっかくなので傍聴券交付情報で調べてみると東京高等裁判所に気になる事件があった。「未成年者誘拐、監禁(変更後の訴因 監禁致傷)、窃盗 平成30年(う)第749号」。これってもしかして、と思ったけれど事件の詳細はわからない。とりあえずこれを目指して高裁に行き、傍聴券の抽選に外れたら地裁で面白そうな裁判を選べばいいやと安易に考えて霞ヶ関に向かった。(続く)

 

読んでいた本

オウム裁判傍笑記

オウム裁判傍笑記

 
未解決事件 オウム真理教秘録

未解決事件 オウム真理教秘録

 

 

 

富山への旅10

(続き)

 

 おいしい朝食の後に二度寝するのは旅の喜びの一つだと思う。普段の倍くらいたくさんのご飯を食べて、ぐっすり眠ると最高の気分だ。だから朝食に遅刻してもその後に眠ることだけはしっかりと考えていて、完食後は余韻に浸ることもなくさっさと部屋に戻った。レストランの人には申し訳ないが、食欲が満たされればあとは睡眠欲である。

 

 チェックアウトは12時だから2時間は眠れるな、と思っていたが睡眠導入剤を飲まないからかなかなか寝付けなかった。amazon musicでヨーヨーマのアルバムをシャッフルしながら寝返りを打つが、どうしてもダメだ。仕方なく洋服を丁寧に畳んでリュックに入れ、時間を潰す。

 

 寝付けずにぼーっとした目でチェックアウトした後も帰りの飛行機までだいぶ時間があったので、アート鑑賞とやらをやってみるかと外に出た。峡谷の水がきらきらしていて眩しい。

f:id:ventodelsud:20181026235157j:image
f:id:ventodelsud:20181026235227j:image

カエルも日光浴。
f:id:ventodelsud:20181026235235j:image
f:id:ventodelsud:20181026235138j:image

今すぐ飛び込みたくなるような美しさ。
f:id:ventodelsud:20181026235248j:image
f:id:ventodelsud:20181026235239j:image

カモの親子?が気持ちよさそうに泳ぐ。
f:id:ventodelsud:20181026235154j:image
f:id:ventodelsud:20181026235149j:image
f:id:ventodelsud:20181026235223j:image
f:id:ventodelsud:20181026235142j:image
f:id:ventodelsud:20181026235252j:image
f:id:ventodelsud:20181026235209j:image
f:id:ventodelsud:20181026235213j:image
f:id:ventodelsud:20181026235133j:image

    有名作家から富山県関連の作家まで幅広い。平日の午前中は皆忙しいのか、人とすれ違うこともなく、1人でこっそりと作品を見ていた。暑くなってきたので館内のライブラリーコーナーに避難して、水を飲めるだけ飲んで現代作家の「李禹煥」に関する書籍や雑誌「プレミアム」を読んでだらだら過ごした。時間が無限にあるのなら、こういうところにずっといたい。

 

     でも物事には終わりがある。13時にタクシーが迎えに来てくれたので乗り込んだ。人の良さそうな運転手さんが富山について教えてくれる。曰く、共働きが多く専業主婦の家庭は貧乏だと言われること(驚いた)、家のデザインでどれくらい稼いでいるか分かること、空港が市内から近いので市民は20分前に空港に着けば良いと思っていること、富山きときと空港の「きときと」は「ぴちぴち」とか新鮮とか、そういう意味だということ。

 

 「空港には寿司屋とラーメン屋があるので行ってみて」と勧められたので、富山ブラックラーメンとお寿司をしっかりと食べた。ブラックラーメンは見た目よりジャンキーな味ではなく、全部食べられた。工業地帯のラーメンはしょっぱくて、ボリューミー。お寿司は言うことなしで、空港お寿司ランキングなら千歳空港を上回ると思う。

f:id:ventodelsud:20181026235257j:image

 東京に帰る便は満席。新幹線が通ってから飛行機が小さくなったのだと客室乗務員の知り合いに聞いた。ぎゅうぎゅう詰めだったけれど、隣に座ったお姉さんとおじさんの感じが良くて全くストレスにならなかった。羽田に着いてからの首都高の渋滞の方がよほどイライラした。

 

    勢いで行った富山だったけれど、何もプランを考えていなかったとは思えないほど楽しめた。また絶対行きたいので、お金を稼いで健康でいなくちゃな。

f:id:ventodelsud:20181028024921j:image

     自分へのお土産の入浴剤とハーバルミスト。富山生まれのハーバルミストの香りが良くて、リピートしそうな勢い。枕元にシュッとかけると気分が落ち着く。おすすめです。

富山への旅9

(続き)

 

 目が醒めると、ロングワンピースのままベッドの上に転がっていることに気づいた。掛け布団にファンデーションがついていないだろうか。無理やり現実的なことを考えているときは酔っ払っているときだから、自分は相当飲んだのだと気づく。医療関係者には怒られそうだが、酔いを覚ますために温泉に向かった。

 

 脱衣所で服を脱ぎながら時計を見る。午前3時30分。どうりで自分以外の宿泊客がいないわけだ、と足をふらつかせながら大浴場に入った。露天風呂はあるだろうと踏んでいたが、室内もかなり広い。これを一人で使えるなんて本当に贅沢だ。

f:id:ventodelsud:20181013055304j:image

 お湯はつるつるとして滑らかな感じ。これは露天風呂も期待できるなと思って外に出てみると、酔っ払った顔に爽やかな風が吹き付けてきた。空を見上げると漆黒と細い月と星。これはわたしが酔っ払っているから見える星空ではないよねと自問しつつ、ゆっくりお湯に浸かる。そして会社を休んでからのことを考える。

 

 残業が100時間を超えた、新しい上司が合わなかった、会社に足が向かなくなった、文章が読めなくなった、退職しようかと思った、水商売を始めようとしたら母親に止められた。なんだか中距離走のスピードでマラソンを走ったような、きつい半年だった。

 

 でも会社を休んでから気づいたこともある。まずは良い友達がいること。お酒を飲みに行ったり、旅に出たり、話を聞いてくれる友達が意外といた。ASD傾向があるからかはわからないけれど、家族や友達と話すより一人でいる方が断然好きだった。理由は人のことを考えると疲れ果ててしまうから。自分はこのまま孤独に生きていくのだろうと思っていたけれど、他人と同じ時間・空間を共有するのも悪くない、いやありがたいと感じた。

 

 家族との関係が劇的に好転したこともある。幼少期から家庭の不和を一身に浴びて育ってきたが、良いカウンセラーに出会ってから家族という「フレーム」を見直して、自分が心地良いように寸法を直した。祖父母や両親が年を取ったことや家族内での力関係が変わってきたこともあるが、自分が一生抱えていかなければいけないトラウマだと思ったものが、実は一つひとつの事柄で成り立っていることに気づいた。それを分解していけば、どうして自分が苦しいのかわかる。

 

 何度も心を病み、転職を繰り返してきた父親が「仕事を辞めてもいいよ」と言ったというのも大きかった。母親から伝えられたので直接聞いたわけではないが、本当に苦しいときだったので「さすが経験者は仕事の辛さをわかっているな」と妙に感心してしまった。「あんたが言えることかよ」とも思ったけれど「まあ俺が言えることじゃないんだけどさ」と付け加えていたというので、自分がしてきたことへの後ろめたさはあるのだろう。

 

 こんなことを考えながら露天風呂や打たせ湯を堪能していたら、のぼせそうになっていた。急いで備え付けの水を大量に飲んで、ほてりと酔いをを覚ます。携帯のアラームをかけて明日の朝食にはしっかり間に合うように起きよう。

 

 と頭では考えていたのだが、当然部屋では死んだように眠った。アラームは鳴ったらしいが、全く記憶にない。不審に思ったのか、レストランの人が電話をしてくれた。朝食は富山県産の米も味噌汁も美味しかったのだけれど、寝坊したのが恥ずかしすぎてあまり思い出したくない。

 

(続く)

 

富山への旅8

(続き)

 

 祭りから戻るバスの中には富山や八尾のことを教えてくれる老夫婦がいた。老夫婦といっても60代半ばくらいで、見た目も話し方もとても若々しい。たぶん地元に住む夫婦が何かの記念に宿泊したのだろう。宿の人や他の宿泊客とも楽しそうに話していた。

 

 バスが宿に着いた。夕食に4杯もお酒を飲んだが、祭りの最中に500mlの水を飲み干したのがよかったのか、だいぶ酔いは醒めてきた。ワインはもう飲めないだろうが、ビールやアルコールが少なめのカクテルなら飲めそうだ。幸い1階にはバーがあるようだし、美術品に囲まれて飲むなんて素敵じゃない、とワクワクしながらバーへ向かった。

 

 ところが、である。バーは真っ暗で人っ子一人いなかったのだ。月曜日・火曜日は定休日ということらしい。せっかくお酒が飲みたい気分だったのに、どうしよう。そう思って同じ1階を見渡してみると、照明は暗めだがお酒がありそうなカフェを見つけた。ここならやっていそうだ。

 

 中に人はいなかったが、コーヒーや紅茶、ジュースが用意されていて、セルフサービスで飲んでくださいというところだろう。アルコールは人に声をかければ良いらしい。まずはローズヒップティーにしようかなと手を伸ばしたところ、背後から先ほどの老夫婦の声が聞こえた。このカフェに向かってきたらしい。

「よかったらどうですか」。お茶のカップを持ちつつ声をかけた。東京ではなかなか自分から声をかけることはないが、これも旅の効用だろう。

「ありがとう。でも君はホテルの人じゃないでしょう?」

「はい。でもわたしも飲みますから」

 

 じゃあ一緒に飲もうと言われ、旦那さんはビールを飲むために宿の人を呼んだ。奥さんはどのソフトドリンクを飲もうか迷っていた。わたしもお茶を飲もうと思っていたら「君もビール飲むでしょ」と旦那さんに言われ、半強制的に瓶ビールをいただくことになった。なぜお酒を飲むとわかったのだろう。

 

 峡谷が見えるフカフカのソファー席で旦那さんとわたしはビール、奥さんはお茶で旅の出会いに乾杯した。わたしが東京から来たことはバスの中で話していたので、仕事が大変すぎて疲れたこと、会社を休んで毎日家でぼんやり過ごしていること、温泉特集の雑誌を読んでひとりでこの宿に来たことなどを話した。

 

「富山と金沢はどちらも友人が働いていますが、金沢は意外と大企業がなくて仕事が大変そうです」と話すと

「金沢は商業地だからね。富山は工業地だから大企業があるんだよ。YKKとか不二越とかね。ああ、もちろん北陸電力もあるけれど」

と返された。地元の方だと確信する。奥さんに「なぜこちらに」と質問すると金太郎温泉に行こうか迷っていたという。金太郎温泉?後で調べてみたら魚津にある温泉で、旅館もなかなか立派なものだった。

「ここに決めたのは妻へのねぎらいのためですよ」。旦那さんはちょっと照れながら話した。照れついでにお二人の出会いはどこだったんですか?後学のために教えてくださいと下世話な質問をした。

 

 二人が出会ったのは職場だった(と思う)。旦那さんは富山の高校を卒業した後、ナンバースクールに行きたいと思って受験をしたら全然解けず、意気消沈。二期校の受験の準備をしなければというときに「サクラサク」の電報が届いたらしい。ただのエリートじゃないか。

 

 奥様は男の子を育て、家事を完璧にこなす誇り高き専業主婦。モーレツ型の働き方が推奨されていた時代、ひとりで子供2人を育てるのはどれだけ大変だったんだろう。二人は政治や経済についてもとても詳しく、安倍政権がどれだけ続くか、政治家のなかに日本の将来を考えている人間がどれだけいるか、宅配によって小売業がどう変わるか、といった話をしてくれた。

 

 わたしも負けじと考えてたことを話した。かつて加賀百万石を誇った石川県で最高の政治家が森喜朗でいいのか(大笑いされた) 、日本の製造業は改ざんが問題になっている企業以外にも問題がある、仕事で成果があげられたときは血湧き肉躍るという表現が身体的に満ち溢れるくらい興奮したこと、それなのに今は仕事を休んでいること。

 

 「高学歴の女性が働くっていうのは本当に大変だと思うよ」。旦那さんがしみじみ言った。「とても忙しい仕事をしながら出会いを探すのも大変だし、結婚も出産もハードルが高い。君のご両親は何も言わないの?」「両親と祖母はわたしのやりたいことを応援してくれる人たちなんです。最近認知症になった祖父だけが『結婚しないの?』と、ボケた頭で聞いてくるんですが『そうねえ、まず相手を探さないとね』と流しています」。

 

 わたしの話でみんな笑った。もう2時間は経っていた。ビールも何本飲んだんだろう。宿の方が来たので「ビールはわたしのサービス料に入れてください」と小声でお願いする。「今日は楽しかったわ」と奥さんが言う。「わたしもです」と返した。最後にお名前を教えてくださったのだが、話の内容と擦り合わせるとおそらく金融関連の役員夫妻だろう。名前は覚えているのだが旅の思い出としてとっておきたくて、調べられないでいる。

 

(続く)

 

   

富山への旅7

(続き)

 旅の準備を全くしていなかったわたしに、宿は申し訳ないほど優しかった。出発直前に届いたメールには「おわら風の盆の前夜祭があるのでバスを運行します。いかがですか」という丁寧な文章が添えられていた。

 

 「おわら風の盆」は富山県八尾町(現・富山市八尾地区)の夏の祭りだ。日本の民謡には珍しく「越中おわら節」には胡弓が使われ、繊細な踊りとともに切なさを感じさせる。徳島の阿波踊りと違って派手さはないが、情緒的な雰囲気が人気なのか、多くの人が富山を訪れる、らしい。八尾に向かうバスのなかで宿の方がそう案内してくれた。

 

 おわら風の盆で思い出すのは、新聞の文学コーナーで取り上げられていた高橋治の小説「風の盆恋歌」で、昔好きだった人の家の本棚にあったのを覚えている。別に決められた人がいながら恋に落ちる二人がおわら風の盆で密かに逢う、というあらすじだった(ような気がする)。常に女の影がありながら、ある人妻のことが忘れられなかったわたしの好きだったひと。本は手にとるだけで読まなかったけれど、どうせなら彼に借りるねと言ってそのまま別れればよかった。

風の盆恋歌 (新潮文庫)

風の盆恋歌 (新潮文庫)

 
月影ベイベ 1 (フラワーコミックスアルファ)

月影ベイベ 1 (フラワーコミックスアルファ)

 

漫画「月影ベイベ」もかなり小説を参考にしていると思う。

 

 祭りが前夜祭と本祭に分かれているのも知らなかったが、本祭は会場となる八尾の近くまで交通規制されるらしく「むしろラッキーかもしれません」と言われる。前夜祭は町内ごとに行われ、それぞれ踊りが異なります、今夜の西町は土蔵造りの家や酒蔵が残っているんですよ。どの説明も初耳で、感心するばかり。胡弓は繊細な楽器で湿気に弱く、雨が降っていたら中止されるらしい。窓の外には小雨がぱらついていたがバスが20分走ったあたりで曇り空になっていて、なんとか開催されそうだった。

 

f:id:ventodelsud:20180922001601j:image
f:id:ventodelsud:20180922001558j:image

 目の前で見るおわら風の盆はたしかに情緒的で、自分より若い子が踊っているはずなのになんでこんなに切ないんだろうと思った。手の先まで神経が通っている。帰りのバスで踊り手として参加するのは未婚の男女25歳までだと知った。それを過ぎたら地方になったり、教える側に回ったりするらしい。まるで大人になるための儀式のようだ。

f:id:ventodelsud:20180922001614j:image

   わたしは25歳を過ぎて随分経ったはずなのに、まだまだ子どもだな。

 

(続く)