アラサーOLの備忘録

好きな食べ物は白米です

実家の効用

3月下旬、東北地方にある実家に帰った。「実家とは本来、結婚した女性が未婚時に住んでいた家を指す。それ以外の場合は『生家』が正しい」と大学時代に聞いたけれど、もはやほとんど本来の意味で使われていないので、未婚だが実家とする。

 

実家が嫌いだった。抑圧的な祖母、精神的に弱い父親、一生懸命ひとりで家族を支えていた母。祖父と妹とはそれなりの関係を築いていたと思うが、仕事と家事に追われている母親がかわいそうで帰省するのが辛かった。年末年始には積極的に仕事を入れて、代休は東京でだらだら過ごした。先輩からは重宝がられたが「何で実家に帰らないの?」とよく聞かれた。説明するのが面倒なので「人が少ないときに働く方が楽なんです」とか「大晦日にオフィスで振る舞われる年越し蕎麦とかテンション上がりません?」と適当に返答していた。

 

うちの家族も悪くないかなと思い始めたのは、カウンセリングに通い始めてしばらく経った頃だろうか。通い始めた頃は父と祖母への憎しみでいっぱいだった。祖母は田舎のお嬢様育ちなので、全てが自分中心に回る。夕食では他の家族が黙々と箸を進めるなか、祖母は今日あった出来事、知人友人の噂話、有名人のゴシップなどを延々と喋り続けた。家の北にあり、寒く冷たい食卓はそのままわたしの家族のイメージと重なる。

 

カウンセリングのなかで様々な家族のあり方を知った。正社員でしっかりと働く父親こそ至高の存在だと思っていたけれど、それは全ての人に当てはまらないこと。祖母が喋るとみんな黙っていたけれど、母親のように話に付き合ってあげればよかったのかもしれないこと。母も祖母のことを「も〜おばあさんったら☆」と返すテキトーな人だったら、食卓の風景が違っていたかもしれないこと。だけどもう、それは願っても戻ってくる時間ではないこと。

 

地元の蕎麦屋で母親に「何で離婚しなかったの?」と聞いたことがある。「借金があったり、暴力を振るったわけじゃなかったからね」。確かに父親は何度も躁鬱病にかかり働けなくなったが、それは離婚の理由にはなり得なかったらしい。(無言の虐待はあったと思うけれど)「愛していたのね」。カウンセラーは言った。愛?

 

母が父を愛していたのかはよくわからないけれど、父は母のことが大好きだ。最近は熟年離婚されないように、新聞で見たDo CLASSE(ドゥクラッセ)でリュックサックやスプリングコートを買って、母に贈っている。新しく始めた仕事は父親の性質に合っていたようで、楽しそうに続けている。過去を知っている身からすると奇跡のようだ。

 

祖父は認知症が進み、わたしのことを覚えているか怪しいレベルになった。強かった祖母はそれに付き合わされ、心身ともに弱くなった。(婿養子として苦労した祖父の復讐だと思っている)母が家族の顔色を伺わなければいけなかった風景は一変し、誰もが母を頼りにした結果、頂点に母が立つという逆転現象も起こった。

 

あんなに帰省したくなかった実家なのに、いつの間にかかけがえのない場所になっていた。祖父母が弱ったり、父が働き始めて過ごしやすい環境になったのもあるが、実家に背を向けていた自分が家族のことをよく見て、話して、考えるようになったのが大きかったと思う。歪んでいた認識を認識することができた、というか。初めて東京に戻りたくないと思った。これを書いている今も、実家の方が楽に過ごせたと思う。

 

と書いたときに、母から「父がうざい」というLINEが来たので、やっぱり東京にいようかな。家族はきっと、亡くなるときまで複雑に形を変えていく。

f:id:ventodelsud:20190408150620j:image

食生活を変えてみる

 カウンセラーに勧められて、こんな本を読みました。

うつ消しごはん―タンパク質と鉄をたっぷり摂れば心と体はみるみる軽くなる!
 

 病気や精神についての本は何でも話半分に・・・と思うタチですが、結構面白かったです。入社して5年、10kg増えた体重を少しでも減らそうと自炊をするようになったのも大きかった。食事を変えるだけでうつ病が完治するとは思わないけれど、食事も生活の一つの要因なので病気とも関連しているはず。簡単にまとめると、

 

・多くの日本人女性は鉄が不足している

・質的な栄養不足=糖質過多+タンパク不足+脂肪不足+ミネラル不足

・とにかく女性は肉を食べよう

・卵は完全栄養食。毎日2〜5個食べよう

 

・キレート鉄>ヘム鉄(ただしサプリの場合)

・ATP=アデノシン三リン酸=生きるためのエネルギー通貨

・高たんぱく質+高脂質+低糖質食=たくさんのATPが得られる

 そのためには「ATPブースト(激増)サプリ4点セット」

 鉄:キレート鉄

 ビタミンB:B50コンプレックス

 ビタミンC:C1000

 ビタミンE:E(合成型でなく天然型)400

 ただし鉄とビタミンEは同時に摂取してはいけない

 

 これを参考に、朝食はオムレツ(卵2個にミニトマト5個、大葉4枚、とろけるチーズ)、昼は肉か魚メーンのランチにご飯少なめ、夜は鶏鍋(鍋キューブ、鳥もも肉200g、白菜、しめじ、豆腐など)に。お腹が空いたらチーズやゆで卵、ジュースは飲まずお茶と水に。

 

 白米やラーメンなどの麺類が大好きだったので、自分のアイデンティティーを否定しているようで最初は辛かった……肉をたくさん食べるのも慣れなくて。続けていくうちに慣れてきましたが、自分に甘い人間なので土日は糖質に気をつけつつ好きなものを食べるようにしています。あとどうしても甘いものが欲しいときはカルピス飲む(本当はダメだけど)。

 

 この食生活を始めて2週間ですが、4kg体重が落ちたのには驚いたなー。気分も良いし。サプリにはまだ手を出していないけれど、タイミングを見てやってみたい。鉄をたくさん摂る食生活はこれからもゆるく続けていこうと思います。

自炊本

自炊本

 自炊の参考になる本。

埼玉少女誘拐事件 被告に懲役12年

いつもはアクセス数が一桁の当ブログに150を超すアクセスがあったので、何事かと思ったけれど寺内樺風被告への東京高裁の判決が出ていたんですね。

 

 

社会心理学者の西田先生の説明が非常に論理的だったので「これは一審よりも厳しい判決が出るのでは」と素人ながら思っていたけれど、案の定そういう結果に。裁判官が「一審は事態を見誤っている」とするのは本当に大変なこと。違う人間とはいえ立場がほとんど同じ人を批判するのは簡単なことではない。そんな中での高裁判決だった。

 

それでも懲役12年か。数十年刑務所に入っていても、自分の起こした事件を見つめ直すことなく社会に戻ってくる受刑者のことを考えると気が重くなる。人は他人を矯正できない。自分で気付くしかないと思っている。

 

内容が重くて超スローペースで読んでいる本。

教誨師 (講談社文庫)

教誨師 (講談社文庫)

 

 

備忘録 札幌旅行3(ファンフェスティバル2018)

 ファイターズファンでぎゅうぎゅう詰めの地下鉄東豊線に揺られていると、いつのまにか札幌ドームの最寄駅・福住に着いた。地方でどんどん店を減らしているイトーヨーカドーも福住では元気に営業しており、郊外とはいえ道庁所在地だなと実感する。広いドームで友達と会えるか心配していたが、入口が限られるのであっさりと会えた。急いでアリーナ席へ向かう。

 

初めて見たポリーは安定の可愛さf:id:ventodelsud:20190123191840j:image

中島選手と近藤選手f:id:ventodelsud:20190123191957j:image栗山監督と中島選手と誰かの下半身・・・
f:id:ventodelsud:20190123191945j:image選手の入退場が近い。アリーナ席良いね
f:id:ventodelsud:20190123191924j:image間近で見た上沢選手かっこよかったなー
f:id:ventodelsud:20190123191953j:image新人選手のサイン。ほしい笑
f:id:ventodelsud:20190123191915j:image早く一軍で活躍してくれますように!
f:id:ventodelsud:20190123192013j:image

 初めてのファンフェスティバルは運動会のようで、それはそれは大笑いしました。だからアリーナ席が人気があるのね、と。中田選手や杉谷選手の活躍が光っていた。(シーズン中もこれくらい活躍してくれたらな)

 

 スワローズファンの友達は「選手が喋り慣れてる!スワローズのファンフェスはもっとグダグダだったよ」と言っていた。多分北海道のマスコミに取材されたり、(無理やり)喋らされている機会が多いからかなと想像する。山田哲人選手辺りは違うと思うけれど、在京チームはマスコミが巨人に行きがちだから大変かも。
f:id:ventodelsud:20190123192005j:image
f:id:ventodelsud:20190123192009j:image
f:id:ventodelsud:20190123191932j:image

近藤大明神を見た笑

近藤大明神 | ファイターズネタ用語辞典

f:id:ventodelsud:20190123191940j:image新垣勇人氏が登場。東芝の投手コーチ就任おめでとうございます。(この時はまだ決まっていなかった)f:id:ventodelsud:20190123193120j:image

 

 ファンフェス後はススキノの居酒屋へ。普通の飲み屋さんなのに出てくる食べ物が全て美味しい。ファイターズの本拠地が北広島になることへの不安、東豊線はもう赤字だろうねという道民らしい友達の話が面白い。ビール飲んだ後に日本酒(根室の北の勝)。控えめに言って最高。2軒目はシメパフェの店へ。

mero's bar
f:id:ventodelsud:20190123191928j:image
f:id:ventodelsud:20190123191948j:image

竹鶴ピュアモルトと一緒。果物がたくさんあって最高。また絶対行く。

Sapporo Sweets Garden Mero’s Bar

食べログ Sapporo Sweets Garden Mero’s Bar

 

ススキノ大交差点。
f:id:ventodelsud:20190123191919j:image

 

備忘録 札幌旅行2

(2018年11月の話)

 

 朝の7時30分、ウトウトしながらホテルのシャトルバスに乗り混んだ。お酒は多少飲んだけれど、量が少なかったのか全く残っていなかった。外は東京では考えられないくらい寒い。空港まではわずか10分なので寝てもいられず、ぼーっと街の様子を見ていた。そこで初めてホテルが派手な外観(オレンジと緑)をしていることに気づき「なんでここのオーナーはラブホテルみたいな色使いをしようと思ったんだろう」と考える。わたし以外の数人の乗客はみんなビジネスマンで、小さなキャリーケースと一緒だった。

 

 空港から札幌の中心へ行くには電車かバスを使うが、お金をあまり使いたくないので迷わずバス停に向かう。しかし、早朝の札幌行きバスが全くない!こんな観光地なのに朝はバスがないのかと驚きつつ30分くらい待ったが、諦めて電車に乗ることにした。電車は15分間隔で出ているし、最初から電車に乗っていればよかった。

 

 少し雪が積もった田舎町を眺めていたら、あっという間に札幌駅に着いた。地下鉄東豊線でホテルを目指す。東豊線は札幌ドームの最寄駅である福住まで通っているので、すでにグッズを持ったファイターズファンで満員だった。その中でファイターズとジャーナルスタンダードのコラボバッグを持ちながら豊水すすきの駅で降りたわたしは、おかしな存在に見えただろう。

 

 宿泊先はダイワロイネットホテル札幌すすきの。札幌駅やすすきのに近く、1階にコンビニ(セブンイレブン)があるのが便利。ここのセブンイレブンには何度もお世話になった。ホテルは新しく清潔で、レストランにサルヴァトーレ・クオモが入っているのも良い。(そういえば同レストランは銀座のダイワロイネットにも入っている。提携している?)荷物を札幌ドームまで持っていくのは面倒なので、貴重品とグッズ以外は預けた。

フロントでは案内されなかったが、シングルからツインに変更されていた。アップグレードなのかな?単純に広い部屋が好きなのでありがたい。

f:id:ventodelsud:20190121185559j:image

ルインルームはバストイレ別!寒かったのでお風呂につかれるのは嬉しい。
f:id:ventodelsud:20190121185607j:image

資生堂のフェイスマスクもらいました。

f:id:ventodelsud:20190121185603j:image

 外はこんな感じ。スニーカーだと危険なくらい雪が積もっていたけれど、歩道には砂が撒いてあったのでなんとか一度も転ばずに済んだ。

f:id:ventodelsud:20190121185653j:image

 

 

備忘録 札幌旅行1

(2018年の話。備忘録)

 

 北海道日本ハムファイターズのファンフェスティバルの抽選に当たった。ただの当選ではなく、アリーナ席(グラウンド)の当選だ。ファイターズのファンフェスティバルはグラウンドで運動会を開くようなものなので、座れる席の差は大きい。毎年「当たるわけないし」と思って応募もしなかったが、なぜか今年は勢いで応募。忘れていた頃、当選メールが来ていた。11月初めのことだったと思う。

 

 彼氏や何人か友達を誘ってみたが、仕事や距離の関係で来れない人ばかり。1人で行く気にもなれず、メルカリでチケットを売るかというところまで来ていたが、大学のゼミ友達が「北海道で就職した子を誘ってみたら?」と言ってくれた。

 

 彼女に連絡をすると「行く行く!」とありがたい返事をもらったので、早速北海道行きの航空券を探す。11月24日(土)開催のため金曜日に前乗りするのがベストだと思ったが、勤労感謝の日(11月23日)で三連休なので価格が全然安くない!そして昼までの航空券は軒並み空席待ちになっていた。みんな考えること(三連休とれたら北海道へ飛ぶ)は一緒だなと思いつつ、トラベルコや一休を駆使して航空券とホテルを予約した。

 

 19時羽田発の便(ANA077)は予約段階ではスカスカの状態だったが、当日乗ってみると満員だった。わたしのように急遽北海道に行こうとする人がたくさんいるのだろう。金曜日に泊まるホテルはできるだけ安くあげたかったので、札幌市内ではなく新千歳空港近くで取った。

 駅からまあまあ近く、人工温泉と居酒屋があるのが魅力。新千歳空港からJR千歳駅までは電車に乗る。窓の外を見ると雪がしんしんと降っていたのでスニーカーで来たことを後悔したが、なんとか滑らずにたどり着いた。

 

 部屋はダブルルームでベッドが広いので、どう頑張っても落ちない。温泉があったので使わなかったが、バスルームもまあ普通。コーヒーサーバーとカプセルが4つ(コーヒー2、紅茶1、緑茶1)用意されており、せっかくなので全部飲んでみた。最近カプセル式のコーヒーサーバーを置く宿泊施設が多いですね。手入れが楽なのかな?

f:id:ventodelsud:20190119035429j:image
f:id:ventodelsud:20190119035433j:image

 居酒屋は海鮮が用意されていたので楽しみにしていた。掘りごたつのカウンターでタッチパネルを使って注文する。外国人客対応だと思ったが店員が常に忙しそうなので、こういうシステムはありがたい。注文したのはゴリラ豆腐(おぼろ豆腐)、ウニ刺し、馬刺し、白子ポン酢(北海道ではたちぽんというらしい)、ししゃも、生春巻きなど。飲み物はビールと日本酒の国士無双

f:id:ventodelsud:20190119035604j:image

    旅で気分が上がったのか、〆に海鮮丼とお茶漬け(梅)を2つも頼んでしまった。多かったなあと思いながらも完食したが、代金が7395円だったのには驚いた。アルコールが1500〜2000円程度だとしたら、完全に食べ過ぎ。こういう気の緩みで人は太るのだ。

くずし割烹 たけはな

 同期が退職した。超長時間労働とガチガチの年功序列、能力のない人材の出世などブラックな香りがする環境ではあるが、業界トップクラスの待遇の良さからか辞める人間はそう多くなかった。入社3年以内の離職率は新卒(大卒・院卒)で約3割らしいが、わたしの会社は常に1割程度。同期の多くとは会社の愚痴をこぼしつつ、定年まで仲良く働くのだろうと思っていた。

 

 ところがである。仲が良い同期は年明けにあっさり退職していた。希望に胸膨らませて入社した企業で、全く希望していない部署に配属された同士だった。大学と専攻、入社からのキャリアパスが自分とほぼ同じ彼が会社を辞めるなんて。配属された部署が同じメンバーで作られたグループLINEに「退職することになりました。お世話になりました」とメッセージが送られたのを見たとき、かなり動揺した。

 

 九段下から四谷に向かう道を歩きながら、悲しい、残念だといった感情がぽろぽろと出てくる。どうしてネガティブな感情ばかり溢れるのだろうと考えたけれど、会社を休んでいる自分が置いていかれたと感じたのかもしれない。

 

    ただ時間が経つにつれ、彼の人生なのだから自分がどうこう言っても仕方ないと思うようになった。不真面目そうで真面目な彼のことだ。会社や他人に焦点を合わせて人生を送るのは向いていない気がする。別に彼が退社してもご飯は食べに行けるし、と。

 

 だからというわけではないのだが、早速東京にいる他の同期も含めて3人で飲みに行った。ふぐが食べたいと言われたので良さそうな店を速攻で探す。休職すると良い店を探す嗅覚が上がる気がするのはどうしてだろう。暇なだけかもしれないし、誰かに必要とされるのが嬉しいからなのかもしれない。

くずし割烹 たけはな

食べログ くずし割烹 たけはな

 選んだのはくずし割烹 たけはな。最寄駅は曙橋か四谷三丁目で、荒木町の奥の方といえばわかりやすいのかもしれない。こんなところにフジテレビがあったなんて信じられないくらいの住宅地だ。華やかさのある荒木町とはちょっと違う雰囲気。

 

 店はカウンターとテーブル席が3つほど。雑然というかこじんまりというか、キラキラした感じはあまりない。前菜はなまこ。アサヒの熟撰を飲みつつ、虎ふぐの煮こごり、薄造り、唐揚げと次々に振舞われる。まさに虎ふぐのフルコースという感じ。薄造りを長嶋食いしていた同期に笑った。

f:id:ventodelsud:20190117080509j:image

虎ふぐの頭から先まで丸々と使われていたせいか、鍋や雑炊は出汁がとってもおいしい。もちろん身や出汁を吸った豆腐、白菜もたまらない。魚なのに澄みきっている汁を飲むのは不思議な感じがした。鍋を食べてもまだまだいけそうだったので、雑炊のご飯は多めにしてもらう。ひれ酒と祝い酒(長野県のお酒。ご主人は長野県出身)を飲んだから、一人一合は飲んだことになる。退職する同期は食べ物はもちろん、ひれ酒がやけにお気に召したようだった。わたしも同じペースで飲んでいたら「全然飲めなかったのに、強くなったんだね」と驚かれた。わたしたちの他にお客さんはいなくて、お喋りが止まるとご主人とアルバイトの女の子の話がやけに響いた。それを聞きながらお酒を飲んだ。

f:id:ventodelsud:20190117081321j:image

 

    この際だからと転職のこともたくさん聞いた。2年前に兄弟の就職もあり転職を考え始めていたこと、今回転職する会社とは異なる企業も最終面接まで行ったこと、エージェントに登録すると鬼電がかかってくるから転職サイトに載っていた求人に応募したこと。職場はゆったりした雰囲気で圧倒的なホワイト企業だが、給料は3分の2に減る。新卒で入った会社が嫌になったわけではないが、他社も魅力的だった、など。もう一人の同期も3年後までに転職を考えているらしく、終身雇用が遠くなったのを肌で感じる。わたしはどうしようか、と考えざるを得ない。

 

    くだらない話もたくさんした。先が見えない恋人といつまで付き合うべきか、すぐにレストランで食事をする出会い系アプリ(Dine)の進捗、ニューヨークに遊びに行くにはいくらかかるか、クラブでのドラッグの蔓延、昔に比べてちょっと膨らんだよね?(太った?の婉曲表現)。みんなお金は稼いでいるし、それなりに遊ぶけれど、本質的には変わらず真面目なままだった。だから仲の良い同期のままなのだろう。これから立場が変わってもいつでも安心して会える。

 

    ふぐコースは安くはなくて、お酒込みで1人1万2000円(!)だったけれど、また少し稼いでだら来れるよね。今度は上野か立石の安い居酒屋でも良いな。

 

ϵ( 'Θ' )϶←ふぐの絵文字が可愛い