ventodelsudのブログ

休職中アラサーOLの備忘録

富山への旅4

(続き)

CREA2017年2月号 楽しいひとり温泉

CREA2017年2月号 楽しいひとり温泉

 

買ったことをすっかり忘れていたCREAを熟読して宿を決めた。

本当は行ったことのない中国・四国地方の温泉にでも行こうかと思ったけれど、

何かあってもすぐに帰ってこれて、

ひとり初心者でも大丈夫そうな宿を探したら富山にあったのだ。

富山のリゾートホテル「リバーリトリート雅樂倶」| 川のほとり、アートの宿。富山空港より車で20分

 

美術館からホテルの手配してくれたタクシーに乗って宿に向かった。

途中、神通川やその近くのパターゴルフ場?、富山空港が見えた。

「川が氾濫したときにこの空港は大丈夫なのか」と思うくらい、川と空港が近い。

同じような風景が続いたせいか、車内でこの日初めて眠った。

 

運転手に声をかけられたときにはもう宿の人が待ってくれていて、

高級感のある扉とともに出迎えられた。わたしには少し早すぎたかな、と思わせる色。

f:id:ventodelsud:20180912043812j:image

館内に入ってみると、なるほどメディアで伝えられる通り美術館のような作りだった。

目の前に広がる神通峡も美しすぎて息を飲む。これは写真じゃなくて現実なのか。

f:id:ventodelsud:20180912044056j:image
f:id:ventodelsud:20180912044052j:image

案内された部屋も広く小綺麗で、ひとりで来たことを後悔するレベル。 

f:id:ventodelsud:20180912044150j:image
f:id:ventodelsud:20180912044108j:image
f:id:ventodelsud:20180912044056j:image
f:id:ventodelsud:20180912044052j:image

 

部屋に流れていたNorah Jonesの歌声を聴きつつ、

たっぷりとした水を持つ峡谷ときらきら

光る緑をぼんやり眺めていた。

 

(つづく)